tokowakaya made in japan, tokowakaya
instagram Printerest Twitter

oisesan 御絲織お参りセット | BEAMS EYE on ISE

2018年07月2日

 

BEAMS EYE on ISE

2018年7⽉11⽇(⽔)〜8⽉14⽇

新宿ビームス ジャパン 1F にてビームスと伊勢市の19社の企業とコラボレーションした新たな商品がお買い求めいただけます。伊勢とこわかやでは、度重なる意⾒交換と試作品づくりを経て「oisesan御絲織お参りセット」が完成いたしました。

BEAMS プレスリリース:  https://www.beams.co.jp/company/pressrelease/detail/251

朧染 イセノモン ウオッシュタオル

2018年06月21日

朧染 イセノモン ウオッシュタオル

朧月の如く(おぼろげに見える月のように)ヨコ糸だけ染まる朧染で染められたウオッシュタオル、パイルの部分は染まらず、濡れると浮かび上がる文様をお楽しみいただけます。柄は伊勢型紙の伝統柄を現代風にアレンジいたしました。

 

 

あこや真珠とクリスタルガラス

2018年06月21日

伊勢志摩の英虞湾で育まれたあこや真珠とハリオガラスのピアス・ブローチ・ネックレス

海の宝石のあこや真珠は自然色、海岸の砂が原料のガラス
海の恵みが互いに寄り添い、優しい表情を映し出します。

伊勢市駅前の五豊美にて本日よりお取り扱いいただきます。

 

夏至 夫婦岩からの日の出

2018年06月21日

 

 

 

夏至 夫婦岩からの日の出 平成三十年六月十三日撮影

伊勢二見浦では、一年で太陽のエネルギーが一番強くなる夏至の頃に、太古からの名勝 夫婦岩の間から登る日の出を遥拝することができます。

夫婦岩の沖合650m先海中にある猿田彦大神縁りの霊石「興玉神石」に生える、霊草の「無垢鹽草」はお守りとして、二見興玉神社にて授与されています。また、伊勢参宮の禊所として有名で、おかげ参りの際は、龍宮社前の禊浜にて手足を浸けて心身・魂を興しましょう。

いにしえの宿 伊久にて伊勢とこわかやの商品がお買い求めいただけます。

2018年06月13日

 

 

 

 

 

 

 

 

いにしえの宿 伊久にて伊勢とこわかやの商品がお買い求めいただけます。

気品溢れる温泉旅館で内宮まで徒歩15分と早朝参拝をしたい方には大変お勧めです。伊勢内宮前おかげ横丁までは徒歩10分、外宮まで車で約4km。

伊勢神宮から連なる手入れの行き届いた神宮森を一望する客室は、全室和室で露天風呂、1台もしくは2台のベッド、冷蔵庫、テレビ、加湿機能付き空気清浄機、個別空調、有線インターネットを完備。また洗面台が2台併設されている和室スイートや和洋室スイート(6名まで利用可能)、専用玄関付きのアップグレードされた客室もございます。全室禁煙。

BEAMS EYE on ISE

伊勢市内に本社を置く企業とBEAMSのコラボレーションにより商品開発された品物が

7月 11 日(水)~8月 14 日(火) 新宿「BEAMS JAPAN」店舗にて紹介されます。

伊勢とこわかやでは、サコシュ・御朱印帳・コインケース・伊勢の地図手拭セットを紹介いただきます。

御絲 MIITO WOVEN FABRIC

2018年05月22日

伊勢とこわかや謹製、みいと織の御朱印帳の紹介です。御絲(みいと)織物の所在する御糸五郷(下御糸・上御糸・中麻績・機殿・服部)は伊勢平野の古代紡績の中心地で、麻・荒妙(あらたえ)と絹・和妙(にぎたえ)を織って、伊勢神宮に納める「御機殿」があり、女性たちは皆、より質の良い、みいと織を奉献するため1300年以上の間、日々努力を続けてきました。藍染の縞柄は木綿の種子と共に、400年ほど前に安南(ベトナム)からもたらされた、嶋渡りの「柳条布」がルーツと言われ、柄も繊麗されながら、伊勢神宮の神様に奉る神御衣を奉織する御機殿の女性たちの間で、脈々と受け継がれてきました。

※神宮創設当初の2000年程前は「御機殿」は五十鈴の川上(内宮の側)に有り、1300年程前に紡績の盛んだった今の御糸五郷へ移されました。※江戸時代に入ると松坂商人が江戸へ流通させたことにより、松阪木綿と称されました。※時代の波と共にみいと織と御機殿の人々の関係は薄れ、有志グループにより手織り文化の継承が営まれています。

ケイタマルヤマ 御朱印帳

2018年05月18日

 

 

別注品 ケイタマルヤマ御朱印帳の紹介です。
日本を代表するデザイナー ケイタマルヤマのハッピーな生地を表装に蛇腹タイプの御朱印帳は、一つ一つ丹精込めて伊勢で奉製されます。ご集印に、和製ノートに、伊勢とこわかや謹製。5月22日まで新宿伊勢丹4階 keitamaruyama POP UP SHOPにて販売中です。

夫婦岩からの日の出 5月~7月

古来より、伊勢参宮をする前に夫婦岩周辺の浜辺で汐水を浴び、心身を清めた場所で、垢離場(こりば)とも呼ばれ親しまれてきたところで、5月~7月の晴れた日に夫婦岩の間から日の出を見ることが出来ます。

日の出の遙拝所として知られ、沖合約700m先の海中には猿田彦大神縁りの興玉神石(霊石)が鎮まり、そこは降臨する神の依り代であり、常世の国から神が寄りつく聖なる処と言われてきました。

夫婦岩はこの興玉神石と日の出を遙拝する鳥居とみなされ、秋~冬には夫婦岩の間から満月を見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

三重の伝統工芸品「松坂もめん」「伊勢木綿」を高速バスの座席ヘッドカバーに

平成30年4月24日より三重交通の高速バス「高速鳥羽大宮線」に「伊勢木綿」「松坂もめん」を伝統産業の活性化を願い、座席ヘッドカバーに。

伊勢とこわかやの伊勢木綿が高速バス(大宮・東京〜鳥羽・伊勢)の座席ヘッドカバーとして4月24日より装着されます。

運行ダイヤ:http://www.sanco.co.jp/highway/tobaomiya/time.php

2 / 2012345...1020...最後 »
おかげ手ぬぐい 常若屋
トップページ オンラインショップ 名入れ・記念品 常若屋について お問い合わせ プライバシーポリシー 特定商取引に関する表記
おかげ手ぬぐい 常若屋

Back to Top