tokowakaya made in japan, tokowakaya
instagram Printerest Twitter

デザイナーと産地の仕事

201501016020

2月18日(水)、三重県総合文化センターにて「デザイナーとの連携による新商品展示発表会」開催されます。

ところ:  三重県総合文化センター 多目的ホール(津市一身田上津部田1234番地)

【商品展示】 13時00分~14時00分、15時30分~17時00分
【プレゼンテーション】 14時00分~15時00分
【 トークセッション 】 15時00分~15時30分
※ゲ ス ト
・生駒 芳子 さん(ファッションジャーナリスト)
・下川 一哉 さん(NPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト 代表理事、
元日経BP社日経デザイン 編集長)
・鶴田 浩 さん(NPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト 副代表理事、
リアルスタイル株式会社 代表取締役社長)
・本田 勝之助 さん(本田屋本店有限会社 代表取締役)

先に2月5日に日本橋の三重テラスにて発表された商品の三重県での展示会です。

三重県では、伝統工芸や地場産業などライフスタイルの変化等による需要の低迷や消費の縮小などの課題に対応していくため、長い間培われてきた技法や技術を生かしたいと考える県内事業者と自らのアイデアやデザインを生かしたいと考えるデザイナーとのマッチングを行い、現代のライフスタイルにあった、より付加価値の高い新商品開発を支援されています。私たちの常若屋でも昨年度、トートバッグを開発させていただきました。今年はどんな新しい商品が開発されたか非常に興味深いところでございます。

店主

三重県:参照サイト http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2015010282.htm

伝統工芸品 伊勢型紙

2015年02月10日

IMG_1424

常若屋のハンカチや手ぬぐいに欠かせない存在の伊勢型紙。

その歴史は古く、室町時代末期(1570年頃)にはすでに存在していたとされております。

江戸時代になると、現在の鈴鹿市白子地区を 中心に、徳川紀州藩の庇護の下に独占企業として、染型紙製作の振興が行われ、型紙 商人は「紀州御用、伊勢型紙」と染め抜かれた堤灯、鑑札を持ち、全国各地を行商 し、「伊勢形紙」が広く知れ渡りました。

本来、伊勢型紙は、友禅、小紋などの柄や文様を着物の生地に染めるために昔から使われてきました。

渋柿によって張り合わせた美濃和紙を台紙とし、彫刻等で図柄を彫っていき、その図柄は実に細かく、図柄の芸術性が評価され、現代では美術工芸品や家具にも使用されています。

画像(七福神)は引彫りで、その他、錐彫り・道具彫り・突彫り・縞彫りなど、様々な彫り方があり、彫刻刀によって使い分けられます。

 

伊勢木綿 手ぬぐい 七福神 : http://tokowakaya.shop-pro.jp/?pid=84923561

第79回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2015

日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
第79回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2015

「ビジット ギフト・ショー!日本のおもてなしの魅力の全てを体験」

加工

本日最終日、17:00まで開催しております。

 KIMG0251  KIMG0253

常若屋もRin croosing参加メーカーによる合同出展をさせていただいております。

今回のテーマ・Colorsは色ごとに分けての展示が見どころです。

 しめ飾り1
 KIMG0266

「ライフスタイルとの融合」「次世代を見据えたこだわり」「現代的な機能」も備わった伝統工芸の一品たちを、ぜひご覧ください。

開催場所:「東京ビッグサイト 西3ホール ブースNo.3183・3184 (Rin croosing合同)」

1

ぜひご参加くださいませ。スタンプラリーをしていただくと豪華商品がもらえます。(先着順)

 

常若屋新作のフラップバックもナチュラルエリアに展示しております。

2

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

ギフトショー2015春 / rooms30 に出展いたします。

category:TOKOWAKAYA BLOG
2015年02月2日

 

colors_150126

ギフトショー2015春

・開催場所:「東京ビッグサイト 西3ホール ブースNo.3183・3184 (Rin croosing合同)」

・開催日 : 2015年2月4日(水)~2月6日(金)10:00~18:00(最終日は17:00まで)

Rin croosing参加メーカーによる合同出展になります。

今回の見どころはふたつ。ひとつは、Rin crossing参加メーカーが持ちうる伝統技術に「ライフスタイルとの融合」や「次世代を見据えたこだわり」、「現代的な機能」をプラスしたモノたちを4色、色ごとにまとめての展示です。

ふたつめは、Rin crossing参加メーカーが、クリエイティブラボ『SELF』がキュレーションを行う日本のファッションブランド、クリエイターとコラボレーションした感性豊かな世界にひとつのJAPAN MADE商品が初披露されます。

*****

rooms30

rooms30

・開催場所:「代々木体育館 ブース Made in. M-62」

・開催日 : 2015年2月17日(火)~2月19日(木)10:00~18:00(最終日は17:00まで)

常若屋で取り扱っている商品の展示を行います。

 

皆様のご来場、心よりお待ちしております。

 

うみやまあひだ

2015年02月2日

日本初4Kドキュメンタリー映画「うみやまあひだ」

十年間、伊勢神宮を追い続けた宮澤正明さんの集大成

森と向き合ってきた、私たちの祖先の姿を、イメージで伝えています。

鎮守の森、鎮守の海、常若の意味、建築家 隈研吾さんの言葉や、生態学者 宮脇昭さんからのメッセージなど

必見の価値があります。

私の育った伊勢志摩でも、クワガタムシの住める森が減り、カエルの住める水路、小川を泳ぐコブナの群れ、清流を泳ぐオイカワや、すばしこいタナゴ、凡そ30年前見れた光景が、今の子供たちへ見せることが出来ないのです。

『すべての人へ、届けたい』

鑑賞を終えた、率直な感想です。

店主

 

*****

うみやまあひだ 公式サイト http://umiyamaaida.jp/

 

うまし国巡り ~瀧原宮~

今から2019年前(古墳期以前・紀元前四年)の倭姫巡幸のおりに天照大御神のご神託によって今の形に建立された伊勢の神宮は、正宮(内宮・外宮)を中心に、別宮(十四宮)・摂社(四十三社)・末社(二十四社)・所管社(四十二社)あわせて百二十五社が伊勢志摩にご鎮座しています。なかでも正宮の内宮・外宮と五ヶ所の別宮、月夜見宮・月読宮・倭姫宮・伊雑宮・瀧原宮では御朱印が頒布され、うまし国巡りに華を添えます。

今回は別宮の一つ、瀧原宮(たきはらのみや)にスポットをあてたいと思います。

~瀧原宮~

内宮の別宮であるとされる瀧原宮は、伊勢神宮のある伊勢市の西部を流れる宮川の河口から約40km上流の

宮川支流大内山川が流れる三重県度会郡大紀町滝原に所在します。

宮域は約44haと広大です。

滝原宮-1

こちらは御手洗場。

 内宮の五十鈴川の手洗い場と同じように

 自然の中で身を清めてから、参拝します。

1959年(昭和34年)の伊勢湾台風で、外宮内宮の正宮は多くの神宮杉(宮域の杉巨木)を失ったが、瀧原宮では被害が小さかったため、正宮より杉の巨木が目立ちます。

滝原宮-2

 滝原宮-3

宮域には瀧原宮と瀧原竝宮(たきはらならびのみや)の2つの別宮のほか、瀧原宮所管社が3社あります。

所管社の若宮(わかみや)神社には神体を入れる御船代を納める御船倉(みふなぐら)が併設されていて、御船倉を持つ別宮は瀧原宮のみとされています。

深い森の中に分け入った其処には、常若の精神によって太古から続くご神域が広がっています。

google map

伊勢木綿・松阪木綿のバッグ

ise_1

名称未設定-1

 

空気も澄み渡り、星空のきれいな季節になって来ました。

こちらは、新春に発売予定の松阪木綿のトートバッグと伊勢木綿のフラップバッグです。トートバッグはマチ幅も広く、肩からかけられ、普段使いを考慮し製作されました。フラップバッグはどちらかというとオフ向け、ヌメ革をふんだんに用い、長く使っていただき、革の経年変化を楽しんでいただくのに最適です。私たちの国、日本はシルクロード最果ての地として東西の工芸品の技術が交易と共に独自に花開き、栄えてきました。本製品の伊勢木綿・松阪木綿はもともとは普段着の着物の生地で、生活の中になじみ浸透してきた品物たちです。

新春発売ではございますが、先行予約も承ります。詳しくは、問い合わせフォーム、もしくは、メールinfo@tokowakaya.jp まで、お問い合わせいただきますと幸いです。

 

 

 

菜食自然食 喜心さん

2015年01月15日

今週に入り、やっとお正月モードから抜け出しつつ・・・

とっても寒いこの季節、朝はなかなか布団から出られずにいます。

さて、昨年末のお話になりますが 「菜食自然食 喜心」さんへ忘年会でお邪魔させていただきました。

KIMG0102

古民家を改築した玄関口から雰囲気の良いお店です。

IMG_0124

食材は厳選されており、動物性食品・化学調味料・砂糖不使用です。

野菜(旬菜・根菜)・海草・穀物たっぷりの日替わり定食、軽食、惣菜、ノンシュガーデザートなど

ほっとするお料理ばかりでした。

ごちそうさまでした。

KIMG0100

Yogi teaの下の棚に常若屋の おかげてぬぐい  と イセノモンハンカチーフ  を販売していただいております。

宇治山田駅から徒歩5分、菜食自然食 喜心さん おすすめのお食事処です。

JAPAN SQUARE にて常若屋の商品が掲載スタートいたしました。

2014年12月26日

JR西日本の海外向けショッピングサイト

JAPAN SQUARE に常若屋の商品が掲載スタートいたしました。

japansquare_logo

海外の皆様に向けて日本の伝統工芸を発信でき、より多くの方々に常若屋の商品を見ていただくことに感無量でございます。

関係者の皆様、誠にありがとうございます。

店主

 

イセノモン ハンカチーフ をウェブショップに追加いたしました。

2014年12月25日

85235407_o3

イセノモン ハンカチーフ をウェブショップに追加いたしました。

どれもかわいらしく肌触りの良いハンカチです。

二色の染めのグラデーションがとてもきれいな二つ池の龍がおすすめです。

19 / 20« 先頭...10...1617181920
おかげ手ぬぐい 常若屋
トップページ オンラインショップ 名入れ・記念品 常若屋について お問い合わせ プライバシーポリシー 特定商取引に関する表記
おかげ手ぬぐい 常若屋

Back to Top